自由メイシイレ

開発者 阿部

緊張が生んだ?自由メイシイレ開発秘話

前職で営業をしていた時の話になるのですが、実は人見知りで名刺交換が苦手だったんです(笑)
名刺交換は基本的には初めて会う人としますよね。しかもけっこうエライさんと名刺交換する機会って多いんですよね。そんな時に緊張して手元が震えてうまく名刺を取り出せないことがあったんです。
従来の名刺入れは「名刺を取りづらい」構造であることに気がついてしまったんです(笑)
僕のように、緊張してても絶対に名刺交換がうまくいく名刺入れを作りたいと思ったのが自由メイシイレ開発のきっかけです。

自由メイシイレ 開いた写真

名刺交換を失敗しない名刺入れ

大きなコンセプトとしては「緊張してても名刺交換を失敗しない名刺入れ」ですがダサくては元も子もありません。なのでデザインにこだわりました。
自分では名刺入れ革命が起こったと思っているのですが、三角形の角に引っ掛けるだけのポケットの無い構造は最高にクールです。
見た感じは不安定に見えるかも知れませんが、実際に手に持っていただけたらわかるのですが、誤って名刺を落としてしまうことはありません。

自由メイシイレ 並べた写真

名刺交換を成功させる名刺入れ

内勤などで名刺交換の機会がない人や、新卒でまだまだ名刺交換に慣れていない人がスムーズに名刺を出し入れできる構造です。
この自由メイシイレがあれば相手がどんな大物でも、手足がガクブル状態にあっても名刺交換だけは失敗しないはずです(笑)

自由メイシイレ 革の質感

自由メイシイレの開発で困ったこと

このデザインに落ち着くまでは本当に苦労しました。何度も何度も試行錯誤しながら数多くの試作品を作りました。
ちょっと変わった商品を開発する時に気をつけなければならないのが特許。先行特許と被らいないようにコンセプトや構造に工夫をするのが大変でした。
また、世界的にも有名な栃木レザーを使用しているのですが、ここまで価格を抑えるのは正直本当に大変でした。。。
ぜひ一度手にとって見てください。

こちらからご注文いただけます