どや文具ペンケース

開発者 阿部

Twitter上で開発会議?どや文具ペンケース開発秘話

2011年に「どや文具会」という文具好きが集まるネット上のコミュニティに参加しておりました。そのどや文具会のリアルなオフ会が大阪の梅田で開催されたんです。オフ会で意気投合した後でTwitter上で「オリジナルの文房具作りたいですね〜」みたいな話になってだんだん話が大きくなっていきました。

当時、ちょうどフリーサイズブックカバーで文房具メーカーを始めていたので、縫製物なら僕が作れますよ〜という軽いノリの発言だったのですが、そこから本格的に開発会議が始まりました。

どや文具ペンケース 広げた写真

関西人が作った関西人に喜ばれるどや文具ペンケース

元々ネット上のコミュニティ発だったので、都度会って会議するというのは非現実的。ということでTwitter上だけで商品開発を行いました。
開発期間10ヶ月。2012年6月1日についにどや文具ペンケースが発売されました。
Twitter上での商品開発ということで、非常に珍しい取り組みということで数多くのメディアで取り上げられました。おかげさまで売れ行きは好調です!

最初はネイビーとカーキの2色展開。後にブラックとワインレッドも追加発売しました。ペンケースとしては破格の価格設定だったため、小売店に話を持って行っても「こんなに高いペンケースは見たことがない」と言われる始末。。。

しかし、さすが関西人が中心となって開発されたペンケース。どや文具ペンケースは大きなトレイ状になっており、ガサツな関西人(失礼)にピッタリなガバッと広げてサッと出す!みたいな今までになかった機能的な部分を可愛がっていただけたこともあり、ネット販売を中心に全国の皆さんにご愛用いただけるまでに成長しました。

この特殊な構造もTwitter会議で出た案のひとつです。文殊の知恵とはまさにこういうことを言うのかも知れませんね。

そしてもうひとつの大きな機能。500mlのロング缶が入るほどの大容量!
文具好きな方々の多くが、選びに選んだお気に入りの文具を小さいペンケースに入れて持ち運んでおります。そこを一気に解決したわけです。
「気に入ってるもの全部持ち歩こう」の精神です(笑)

どや文具ペンケース 大容量

ギミック満載!?文具好きのためのペンケース

どや文具ペンケースは、文房具好きのためのペンケースです。たくさんの文房具を持ち歩く文房具好きな方々が効率よくお気に入りの文房具を使えるようなギミックがたくさん詰まっております。

トレイになることで文房具の検索性がとても高いんです。一瞬で目的の文房具にたどり着けます。従来のペンケースのように奥の方のアイテムが取りづらいということはありません。
また非常に大容量なので、ホッチキスや電卓、小物なども収納可能です。
大人が仕事で使うものが全て入るような「大人の道具箱」的なペンケースですので領収書やレシートなどの薄い紙も収納できるスペースも完備しております。

どや文具ペンケース Twitter開発会議

Twitter会議は意外と難しい

どや文具ペンケースの作成で一番難しかったのがTwitterでの商品開発。良い面も悪い面もあったのが「全体公開」ということです。
全然知らない人がいろんな意見を出してくれるのですが、全てを採用することはできないというのが心苦しかったです。白熱した議論の末に完成したどや文具ペンケースですが、99%の意見や要望は不採用になっていると思います。

どや文具ペンケース ガジェット

どや文具ペンケースは文具好き、デジガジェ好きな方に使ってもらいたい

文房具好きな人にはたまらないギミックがたくさん詰まっておりますので楽しんでいただけると思います。また、昨今のPC仕事にも対応できるぐらいの大容量ペンケースなので、スマホの充電器やPCの充電器、マウス等も収納可能です。ペンケース以外にもガジェットケースとしてもご愛用いただけるアイテムとなっておりますのでぜひぜひ手にとってみてください。

こちらからご注文いただけます


こちらからご注文いただけます